八代市 足つぼ

かなり冷え込んで来ましたね(^^)シルクィーン サンクスです。先日足管理の勉強会に2日間参加して学びを深めて来ました(^。^)やっぱり、足は深いですね。

どういうことなのか…。カラダの様々な不調は、そのほとんどが…足首のズレや足指が使えていない事に有ると言う事です!例えばこんな足くせ…「何が問題なんだ?」と思われますか?1枚目の足くせの方はかなり外股ですね。特に右足が外に倒れています。この様な方は、歩く時も足が外に向いているハズです。すると…膝も必然的にズレて、股関節もズレが生じてきます。そのズレは、腰や肩、頚椎…果ては脳にまで悪い影響を及ぼすのです。

2枚目の写真の足の方、かなり酷い状態です(>_<)右足のズレが酷く、足首や膝は安定していない状態です。勿論、股関節のズレは更に酷い状態に。 体幹は歪み、背中は猫背になり…脳にまで影響を及ぼすのです。

3枚目の足くせ…別段問題が無いように見えますね。けれど、この方も内股で足が真っ直ぐ伸ばせない方。足首は、倒れた状態で固まり、必然的に膝は元より股関節や腰…上半身にも、その影響は当然出ざるを得ない状態です。

では、こんな足癖の方がどんな方法で自分で足を改善すれば良いのでしょうか?

それは、歩く事です!と言っても、ただ歩けば良いという事ではなく…正しい足のアーチを作る歩き方をして頂きたいのです。東京タワーを、思い浮かべて下さい!あんなに高いタワーですが…3本の足で安定して立っています。犬や猫などの4足歩行の動物も安定していますが、人は2足歩行ですので、この足のアーチがしっかりと出来ていないと、どんどんと足首は外や内側にズレ、膝をはじめとして、体幹はズレるより他無い状態になります。勿論、脳にも悪影響を及ぼし、間違った信号を出したり、出した信号が正しくカラダの各器官に伝わらない為に、様々な不調が出て来る事になるわけです(-_-)足の体重移動の図です。

1で、かかとで着地し(この時に重要な事は…爪先は出来るだけ上げて足首をしっかり曲げる事)2で足のアーチの中心(つまり、土踏まずの部分)に体重移動し、3で爪先(特に親指に50%)の力で蹴る様に前に進むのです。大股で歩く必要は、有りません。

出来るだけ足の内側の筋肉をしっかり使える歩き方をしてみて下さい。1ヶ月もしないうちに、貴方の足癖に変化が出て来るはずです!

長くなってしまいました(^_^)a

では、、又…

長い文章にお付き合いいただきありがとうございました!

シルクィーン サンクス 青木洋子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA